石川台
Ishikawadai

【略歴】
 石川台は呑川が削る谷の五反田寄りにある駅。上の写真は洗足池方にある橋から見た駅です。
 蒲田から伸びた池上線は、雪が谷で工事が資金難によってストップしてしまいますが、それは雪が谷から五反田までの地形が、山・谷を貫通するというものだったから、ということもあったのでしょう。


【概要】
 そんな地形ゆえ、ホームは築堤上にあるのですが、駅本屋は迫る山に向かう形で下り方の地上にあります。昔は構内踏切により上りホームへと渡ったのですが、いつの頃か、2番線にも専用改札口をもうけて構内踏切を廃しています。
 旅客の流れからか、売店は駅本屋ではなく五反田へ向かう上りホームに。五反田へ向かうお客さんの方が多いという証拠でしょうか。
 改札から数段の階段を上がるとホーム、という古いスタイルで、弱者にも優しい駅でしたが、さらに近年車イス対策の緩やかなスロープも造られ、付近の地形がどうであれ(^^ゞ バリアフリーバッチリな駅であります。


【撮影ポイント】
●下り列車
 駅前の踏切、上り方から直線の切通を抜けてくる列車を狙えます。
●上り列車
 ホームの雪が谷大塚寄りから、カーブを曲がりながら入ってくる列車が狙えます。こちらは長玉向き。

●駅周辺
 洗足池方は切通沿いに道路や橋があるため、桜を入れつついろいろな角度で撮影が楽しめます。
 雪が谷大塚方は築堤上となってしまうため、見上げるポイントもなく、呑川も広い川ではないので、見晴らしは1両半くらい?


【コラム:なぜか記録がネット上にないTVドラマ】
 石川台や、その周辺をロケ地としたドラマは、すべては把握していないんですが、いくつかあるようです。邸宅を貸し切ってのロケだったり、駅が登場したり。CMなどにもたまに出ますね。
 で、石川台駅が頻繁に出るドラマとして『めぞん一刻』実写板、というのがありました。3500形を貸し切ってのロケがあったと記憶しているのですが、なぜかネット上を調べてもたいした情報がありません。この世に『映画版』として97分の作品がビデオで残っているようですが、連続12回程度のテレビドラマだったと記憶してるんですよねぇ〜。