五反田
工事中……

【略歴】
 品川区にある五反田駅、鉄道省が明治44年10月25日に開業させた山手線の駅で、のちの昭和3年6月17日に池上電気鉄道池上線が。さらに都電も乗り入れ、銀座二丁目までの系統が走っていました。しかし、時の交通政策により昭和42年12月に廃止、かわり(?)に都営地下鉄浅草線が昭和43年11月15日に開業しました。

 池上線開業時にはターミナルビルはまだなく、まもなく白木屋五反田店が完成。のちに東光ストア〜東急ストアとなり、建物は変わったものの相も変わらず地上から4階の高さに改札口とホームが。ホームは吹きさらしのため強風と雨の日にはちょっと辛いですが、かわりに眺めはイイ感じ。遠く新幹線なども見え、子供のころには待ち時間も楽しめる駅でした。



【概要】
 山手線は築堤の上を走り、その高さはビルの2階半といったところ。池上線はその上にホームを造ったのでビル4階の高さになっています。
 2002/4現在は、改札口は東急ストアの4階にあり、ストアのエスカレーターとエレベーターにより地上から楽して上がることも可能(営業時間帯のみ)です。また、山手線ホームからの長い連絡階段もあり、バリアフリーのためにもエレベーターなどの施設が作られることを個人的に待ち望んでいます。



【撮影ポイント】
●大崎広小路寄り
 大崎広小路の駅がもうちょっとで見えそうな感じのため、入線してくる列車を狙うことができます。ホームが狭いのとワンマン運転のための機器が設置されているため、あまり大人数がカメラを向けることは難しいと思います。譲り合いは大切に……。

●駅周辺
 目黒川から見上げるショットは、すぐ横の道路からや、望遠レンズで離れた場所から、と、いろいろ楽しめる所でもあります。
 JR五反田西口のあたりやその先の横町からは高架駅に止まっている車輌を狙えます、TVCMにも使われたことも……。
 そして山手線ホームからは、開業当時からの山手線をまたぐ橋を入れるカットも撮れますが、架線が結構邪魔。動画だとあまり気にはならないんですけれどね。



【コラム:五反田に想うコト】
 街は、目黒川を中心とした谷にあり、オフィス街と歓楽街、某私大や高級住宅地もほど近いところにあります。鉄道3線の他バスのターミナルでもあり、交通の要所のハズなのですが、誰もが通うような商店街としてはなぜかあまり発展していません。全体的にまとまりがないような、そんなごっちゃ感が特徴的とも言える不思議な街は、バブル景気の数年前頃から不思議さが加速、下町風情も少なくなり、高いビルへと立て替えが進み、時は止まらぬ事を思い知らされます。
 駅からほど近い場所にあった材木屋、みずほ町会など古い町名を大切にする住民、難工事だったろうと思わせる桜田通り、目黒川の改修工事、そして池上線の高架線……。いろいろな人の想いが作り上げたこの街は、この先どんな成長をしていくのだろうか……。